【トイレの大掃除】でやるべき場所は?|トータル10分のカンタン掃除方法

この記事は、

悩む人
悩む人

・トイレの大掃除って何からやればいい?

・トイレの悪臭も取り除きたい

・トイレ掃除が億劫だな、カンタンに掃除できる方法ないかな・・・

という人に向けて書いています。

家の中で使用頻度の高いトイレ。

特に男の子がいると尿の飛び散りやニオイなど、悩み多き場所ですよね。

汚れやニオイのたまりやすいトイレは、コツを押さえて掃除すると短時間でニオイも解消されます。

「大掃除」と言っても、掃除シートや洗剤でカンタンにできる方法なので、是非おためしください。

ということで今回は、

  • トイレの大掃除】でやるべき場所リスト|場所別カンタン掃除方法
  • ニオイが気になる時、特にやるべき場所3選
  • トイレ掃除のハードルを下げるグッズと洗剤

を紹介します。

床や壁がサラサラになり、イヤなニオイも取り除くことができました。

「共働き育児中でもできる掃除方法」を研究しています!

2歳・6歳育児中のワーキングマザーです。
平日ワンオペで、荒れる家をキレイにしたくて日々奮闘中!

・小さい子がいても
・少々よごれがたまっても
・時間がなくても

できる方法を日々研究しています。
日本インストラクター技術協会(JIA)クリーニングインストラクター取得。
共働き家庭の「掃除しなきゃ!」の一助になれば幸いです。

不快なニオイやホコリの消えたトイレの居心地の良さは想像以上!

いつ来客があっても安心です!

それではさっそくいきましょう!

トイレの大掃除】でやるべき場所リスト

トイレ掃除でやるべき場所は以下のとおりです。

  1. 換気扇
  2. 照明・ドア
  3. 便器内部・周辺
  4. 床・壁
  5. トイレットペーパーホルダーやスイッチ類
  6. 手洗いボウル
  7. トイレ内収納

「意外と多いな・・・」と思うかもですが、トイレは狭い空間なので集中してやれば10分ほどで終わります。

掃除方法を順番にご紹介します。

トイレの大掃除】場所別カンタン掃除方法

準備するもの

  1. スクラビングバブル超強力トイレクリーナー
  2. トイレクイックル
  3. アルカリ電解水シート
  4. クイックルワイパートイレ用(あれば)
  5. 竹串
  6. 安定したイス

1 換気扇のホコリを取り除く

トイレ掃除は上から順番にやっていきましょう。

換気扇や照明を掃除するとホコリが降ってくるので、先に床掃除をすると二度手間になります。

まず換気扇を「アルカリ電解水シート」でふきます。

細かい目地に詰まったホコリはなかなか取れません。

シートを竹串に巻き付けてなぞるように拭くと、きれいに取れます。

次に照明のホコリをとります。

2 照明・ドアを拭く

ドア掃除も同様に、上部から順番に拭いていきましょう。

上部や蝶番部分にはホコリやべた付きなど、意外と汚れがたまっています。

ドアは広く開いて、スライドドアの場合は少し持ち上げホコリを取り除いてください。

手アカなどの茶色い汚れは酸性なので、アルカリ電解水シートでの拭き掃除が効果的です。

照明はものによって高温になっている可能性があるので、消灯したまま拭いてください。

3 トイレ用洗剤で便器内部を掃除する

便器の汚れはトイレブラシでこする方法もありますが、「スクラビングバブル超強力トイレクリーナー」がおすすめです。

このトイレクリーナーはかけるだけなので汚れを直視する必要がなく、トイレ掃除のストレスが大幅に軽減します。

これまで届きにくいフチ裏は、歯ブラシやシートを使って掃除していました。

時間もかかり、汚れを見ながらの掃除は本当に億劫でした。

超強力トイレクリーナーはフチから回しかけるだけ。

2〜3分の放置時間で黒ずみまで落ちるので、ストレスも時間もかかりません。

手順は次のとおりです。

便器内の水位を下げる

トイレクリーナーのノズルをフチに向けて、ボトルを押しながら洗剤を回しかける。

5分放置したら、【大】洗浄ボタンを押します。

大洗浄の後、元の水位に戻ります。

便器フタ・便座を拭きあげる

便器フタのホコリ・汚れはトイレシートを使うとカンタンにとれます。

雑巾など拭きあげるシートの水分が多いと、ホコリがなかなか取れません。
また、タオルや布の小さな糸や繊維が残ってしまうことがあります。

ここでは繊維残りがなく、掃除の後捨てられるトイレシートがおすすめです。

お使いのトイレ便座が「アラウーノシリーズ」の場合、脱臭フィルターや便座の隙間掃除の詳細は以下の記事をご覧ください。

アラウーノS2便座の掃除方法|隙間掃除でアンモニア臭が解消する

4 トイレ用掃除シートで便器以外の場所を拭き掃除

床・壁の拭き掃除

床・壁は腰より下の高さを中心に、まんべんなく拭いていきましょう。

特に便器と床の境目や左右の壁は、おしっこの飛び散り汚れが付きやすい場所です。

壁紙の細かな凸凹に入り込んだ汚れが臭いの原因になるので、拭く方向を変えながらしっかり拭きます。

便器の後方など狭くて掃除しにくい場所には、トイレ用クイックルワイパーが便利です。

コンパクトなヘッドは狭い場所にも届き、かがんで掃除する必要がありません。

トイレットペーパーホルダーやスイッチ類の手アカを落とす

次にトイレットペーパーホルダーやスイッチ類を拭きます。

トイレットペーパーホルダーやスイッチ類の汚れは主に手アカなど酸性の汚れです。

酸性汚れはアルカリ性の洗剤で中和できるので、アルカリ電解水のシートで拭いていきます。

100均などに売っているシートでもOKです。

5 手洗いボウルの水アカ・カビを落とす

手洗いボウルの主な汚れはヌメリや水アカです。

カビやヌメリ(酸性の汚れ)→アルカリ電解水シート
水滴の跡など(アルカリ性)→トイレクイックル(弱酸性)

で汚れを中和できます。

手洗いボウルにカビやヌメリがある場合は、ここにも超強力トイレクリーナーが使えます。

キッチン泡ハイターなどとおなじ塩素系漂白剤の成分がカビやヌメリを落とします。

洗面ボウルに回しかけ、2〜3分ほど放置し水で十分に流してください。

蛇口付近にしつこい水アカ汚れがある場合は、以下の方法で落とすことができました。

【水アカの落とし方】クエン酸で落ちない場合と対策グッズを紹介

6 スリッパ・マットを洗う

スリッパをキレイにする方法は主に3つです。

①洗濯機で洗濯
②表面を拭く
③買い替え

内部に厚紙を使用している一般的な布製スリッパは、型崩れするため洗濯機で洗うことはできません。

洗濯機で洗濯できるかどうかは、スリッパの材質などによって変わります。

定期的に洗いたい場合は、「洗える」と表記のあるスリッパを選びましょう。

洗う時には洗濯ネットに入れて、ワイドハイターなどの「酸素系漂白剤」を使用すると、消臭・殺菌でき、ニオイの原因を取り除くことができます。

表面がビニール加工されたスリッパは、表面をアルコールなどで拭くだけでOK。
洗濯の手間が減らせます。

スリッパやマットの洗濯や除菌が面倒!という場合は、なしにしてみるのもオススメです。

洗濯の手間が省ける分、管理がラクになりました。

ついでに 掃除道具やサニタリーの収納スペース

さいごに、サニタリー類やブラシ・ゴミ箱などを整理します。

健康診断のキット、使っていない掃除道具、芳香剤など不要なものは処分しましょう。

我が家ではトイレ掃除の負担を減らすために、色々やめてみました。

「トイレ掃除めんどくさい」という方はこちらの記事もどうぞ。

【簡単】トイレ掃除のコツまとめ|共働きにできる最低限の掃除術

ニオイが気になる時は壁・床・便器まわりを重点的に掃除する

トイレの臭いが気になる場合は、

  • 便器まわり、フチ、内部

3つを特に重点的に掃除しておきましょう。

尿の飛沫・しぶきがつくのは想像以上に広範囲です。

排泄されたときには臭いがなくても、そのまま放置し雑菌が繁殖するとアンモニアが発生して臭ってきます。

便器周りや壁・床をシートで縦横方向から拭いてください。

トイレ掃除のハードルを下げるグッズと洗剤5選

億劫なトイレ掃除ですが、掃除道具を工夫すると一気にラクになります。

私がこれまで使ってきて、「ラクになった!」「こりゃ時短だ!」とおもったグッズを紹介します。

便器のこすり洗い不要|スクラビングバブル強力トイレクリーナー

これは、便器掃除に悩む人にとにかく使ってほしい洗剤です。

トロリとした強力な洗剤が便器に密着して、トイレブラシでこする必要がありません。

便器のフチ裏は黒カビや、付着した便や尿でよごれています。

そういった汚れを直視することなく、ほったらかしで掃除できるのが大きな魅力です。

とにかく厚手でフワフワ凹凸|トイレクイックル 

トイレシートは色々な種類がありますが、王道のトイレクイックルがおすすめです。

「シートなんてどれも同じだろう」と思うかもですが、シートの分厚さ、破れにくさ、フワフワ感が違います。

トイレクイックルはワッフルのような記事で、表面に凸凹があるのでホコリなども逃しません。

壁の細かな凸凹にも入りやすく、効果的に汚れを落とすことができます。

個人的にはシートのニオイが強すぎないところも気に入っています。

換気扇の掃除が劇的にラクになる|パッと貼るだけシート

換気扇掃除をしたら、このシートを絶対張っておくべきです。

空気中のホコリが換気扇の目地に詰まることがないので、換気扇を掃除する必要がありません。

2〜3ヶ月に1度の換気扇掃除から解放され、ゴキブリなどが換気扇の隙間から侵入するのも防ぎます。

ホコリや汚れが気になったら、シートを張り替えるだけ。

内部は驚くほど汚れていないので、そのままでOKです。

まとめ

なにかと面倒で億劫なトイレ掃除ですが、ドラックストアやamazonで手に入る掃除グッズを使うと短時間でおわります。

ホコリやニオイが消えたトイレはとても気持ちいいので、是非おためしください。

この記事で使用したグッズは、いかにまとめておきます。

本日もお疲れ様でした。

それでは、またっ!