溜まる・焦る・提出忘れがなくなる:学校プリント整理のコツ10個

この記事は、

悩む人
悩む人

学校プリントってどう管理してる?

いつも提出期限をすぎちゃう

プリント読んで予定を管理するのが苦手……。

という方にむけて書いています。

この記事でわかること
  • 学校プリントを確実に受け取る方法
  • 学校プリントをすぐに処理するコツ

学校関係の連絡はいまだに紙でもらうことが多く、提出物もたくさんあります。

ワーママにとって提出期限を守ること、配布物を読んでスケジュール調整することは容易ではありません。

そこで、小学男子から無事に提出物をうけとり、管理するコツをまとめました。


この記事を書いた人

しがない会社員お掃除ブロガー

トア

プロフィール

兵庫うまれ、兵庫育ち。 大学卒業後は通信会社で窓口業務を担当。 結婚、出産を経て復職するも、毎日繰り返しで成果の感じられない家の掃除や片づけに悩む。 ちょうどその頃、「毎日繰り返し行うことこそ、深まりや発見がある」という和尚さんの話に感銘を受け、掃除について日々創意工夫しながら楽しむことを決意する。 掃除をすることで心や時間に余裕が生まれた自身の経験をもとに、本ブログを開設。 働く母が掃除自体を楽しめる、小ネタ集のようなブログを目指して執筆中。

具体的なツールや方法を紹介する前に、まずポイントから。

次の3つが叶う方法を、お母さん、子ども目線で探していきましょう。

1 手紙を受け取る

子どもが受け取ったプリントがママパパの手元に届かないことには、スケジュールや提出物の情報を把握することが難しいですよね。

配られたはずの手紙が受け取れない場合は、子どもが持って帰って来やすいツールの利用がおすすめです。

2 すぐ処理する、すぐ記録する

提出物は次から次からやってきます。

「明日やろうはバカやろう」をモットーに、最短での提出を目指してください。

催促されることもなく、不備が生じても余裕をもって対応できます。

すぐ処理するためには、秒で処理できる仕組みが必要です。

3 仕訳しまとめる

インスタなどにでてくる、几帳面でこまめな仕訳は上級者向け。

とりあえず「いる」「いらない」だけ判断し、不要なプリントは処分します。

置き場所だけ一箇所に決めておけば、多少整理ができなくても大丈夫です。

プリント整理のコツ

これまでやってみて効果のあったツールや仕組みを紹介します。

簡単にできるものばかりなので、管理しやすい方法を選んでもらったらオッケーです。

1 プリントを持ち帰りやすいツールを使ってみる

これは小学生向けに作られた「プリントを持ち帰る」に特化したファイル。

ワンアクションでしまえて、ビリビリにならずにプリントを持ち帰ることができます。

以前は100均一の書類ケースを使っていましたが、ファスナーが「めんどくさい」という理由でケースに入れなくなりました。

机やランドセルの中でも見つけやすく、ぶち込むだけなので簡単です。

逆さにむけても落ちない「落下防止のストッパー」付きなところも秀逸。

トア
トア

これを使い始めてから、「音読カード」がしわしわになったり、ジャバラに折れたプリントがなくなりました。

2 カレンダーに即記入してみる

共働きの場合、プリントを受け取ってから最難関かつ最重要で行うべきは「スケジュール調整・管理」といっても過言ではないしょう。

「運動会」や「授業参観」に出席するためには仕事のスケジュール調整が必要です。

「午前中で下校」「遠足」など「弁当」を伴う行事をうっかり忘れて……。なんて背筋がゾクゾクしますよね。

「カレンダーに書くのを忘れていた」「カレンダーに書いたけど見てなかった」を防ぐためにはワンアクションでストレスなく書ける、見えること。

トイレにカレンダーを貼って全員書いて見えるように、個人ではカレンダーアプリをウィジェットに貼り付け、即記入を心がけています。

created by Rinker
¥1,400 (2024/06/14 21:49:01時点 楽天市場調べ-詳細)

3  スマホで撮影してみる

とりあえず、後で見返しそうなものはスマホで直ぐに撮影しています。

万が一紛失してもデータで残り、出先でもすぐに確認できます。



「行事」「予定」などのキーワードで検索できるので、探すのも楽です。

4  iPhone標準メモアプリ

iPhoneユーザーは標準の「メモアプリ」が使えます。

使い方はメモを起動して、カメラを立ち上げるだけ。

メモの余白には補足事項を記入することもできます。

5  LINEでおくってみる

夫婦で共有しておきたいものは、とりあえずLINEで送っておきます。

普通のカメラロールは写真が多すぎる。埋もれて書類が探しづらいという方はお試しください。

普通のトークに貼り付けると1ヶ月くらいでみれなくなるので、アルバム(期限なし)への保存がおすすめ。

ホーム画面に送る相手のウィジェットを貼り付ければ、少ない手順で送信できます。

自分1人のグループを作って、自分宛だけに送ることも可能。

6 掲示板を作ってみる

アナログですが、目につくところに貼るのはうっかり忘れに効果的です。

冷蔵庫やトイレの壁は何気に見る場所の代表ではないでしょうか。

マグネットだと広範囲に広がって生活感がでるので、強力にホールドしてくれるバインダーを使っています。

行事予定やイベント案内、常時10枚以上は挟まっています。

7 書類を職場で保管してみる

デスクワーク勤務におすすめなのが、子ども関連の書類を「職場で保管」すること。

例えば長期保存が必要な「保育園の認定通知書」や「勤務証明書」など。

意外と職場で聞かれて書く書類や、「勤務証明書」など職場で発行してもらうものも多いんですよね。

「前回なんて書いたかな〜」という時にすぐに参照できますし、昼休みや始業前のちょっとした空き時間に処理しやすくなります。

8 処理する書類と必要な情報を持ち歩いてみる

家では子どもの相手や家事に追われ、提出物を処理する時間の確保は難しいですよね。

そんなバタバタ忙しい方には、出先で処理するのがおすすめです。



ドキュメントケースを持ち歩き、処理が必要な書類はここに入れておきます。

出先でふとした時に待ち時間ができればラッキー!

書類の処理にとりかかります。

意外と急に聞かれて困るのが「定期予防接種を受けた日」や「かかりつけ医、診察券番号」。



母子手帳とかかりつけ医の情報、診察券番号は写真に撮ってスマホにいれています。

9 ペンや印鑑をすぐに取れるところに置いてみる

書類の整理は「めんどくさい」と、ついつい後回しになります。

リビングの一角に、ボールペン、印鑑、連絡帳みましたスタンプをまとめて入れています。

ワンアクションで取れるように、仕舞い込まないのがポイントです。

10 1つのトレー、ファイルで管理してみる

とにかく時間がない、メンドクサイ。という方は、一つのトレーにバサっと放り込むスタイルがおすすめです。

とりあえず、「いる」「いらない」だけ判断して、いるものはトレーに入れます。

ファイル保管も、枚数が増えるほど後々整理するのが面倒です。

学校のプリントはここには入れず、「紙の状態で」「長期保管」することが必要な書類のみ厳選します。

具体的には、私が急に事故・入院した時も家族が対応できるように「保険証券(医療、車)」、年末調整で必要な「生命保険料控除ハガキ」をひとまとめに。

ポケットをつけて年金手帳、パスポートも一緒にいれています。

まとめ

とにかくめんどくさい「学校のプリント整理」のコツをまとめておきます。

  • 子どもが手紙を持って帰りやすいツール
  • すぐに書類処理できる仕組みづくり
  • カンタンに保管できるハードルの低さ

それでも子どもが手紙を持ち帰りにくい場合は、担任の先生に相談もアリですね。

連絡帳に配布される手紙の枚数を書いてくれるようになり、不足している場合は問い合わせが可能になりました。

他にも子どもあるある「玄関の砂」問題はこちらの記事もどうぞ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。